ブリンク・アート・コンクール

創出することへの意欲がここにはある

デコレーション業界初の本格的コンクールを開催しています。輝きを愛する多くの皆様に参加していただくことで毎年すばらしい作品が出展されています。 世界から見た日本カルチャーにおけるデコレーションとはデコレーション先駆者である我々ブリンクアートが常に代表的な立場にありました。 ブリンクアートは外務省を通じて世界各国へ紹介させていただくなどグローバルなステージへと変わりつつあります。

受賞された皆さま


最優秀賞「めぐみ」

溝口一美さん


私の作品に目をとめて下さった皆様、本当にありがとうございます。
5年間色々と悩み、今までブリンク・アートと自分に向き合ってきました。そして今回、このようなすばらしい賞をいただけた事は、これから前へと進んでいくための大きな第一歩となりました。出展することを決めてから、たくさんの励ましの言葉をかけてくれ、そして、今の自分の作品に足りない点もしっかり指摘してくれた仲間や友人の存在は、私にとっての宝物です。これからも精一杯がんばりますので応援よろしくおねがいします!
日本ブリンク・アーティスト協会の皆さま、株式会社ちふれ化粧品の皆さま、本日は本当にありがとうございました。

優秀賞「-After noon tea time-」

今井佳子さん


今回3回目の挑戦となりました。
癒というテーマで色々悩みましたがホッとできる時間として、ケーキ・お茶を自分のテーマとして作成しました。リアルに表現したかったので細かい所には気をつかったつもりですが、色あいやデザイン、構成がうまく表現できたのかなぁと思います。優秀賞は3回連続頂いているのですが、毎回私の大きな自信とエネルギーになります。WEB投票してくださった方、来場して頂いた方、本当にありがとうございました。まだまだ勉強しなくてはならないことがあります。これを機にまた頑張りたいと思います。
日本ブリンク・アーティスト協会の皆様、ありがとうございました。

優秀賞「oneness(ワンネス)」

祐子さん


本日はこのような立派な賞をいただきまして、ありがとうございました。
作品が完成した時は、新しい自分の才能を見出せたことや、初めてこのような大きな作品を創り上げた達成感で一杯になり、賞をいただかなくてもいい!と思う程の喜びで満ちていましたが、今日このように評価していただけた事はやはり涙が出る程嬉しい事でした。それだけ作品に想いがこもっていた事を改めて感じ、良い作品ができたことに更に喜びを感じています。このような結果が得られたのは、応援し見守り支えてくれた多くの方々のおかげです。心から感謝しています。ありがとうございました。また、本コンクール開催にあたりご尽力いただいた協会・スポンサー関係者の皆様にも心から御礼申し上げます。今後は技術・感性・表現力を更にみがき、もっと多くの方々にブリンク・アートを知っていただけるよう、作品を創り、光を届けていきたいと思います。
本日はありがとうございました。

優秀賞「癒しの空間」

福田真美(V・E・B)さん


初出展で優秀賞をいただけてとてもうれしく思います。
私は“アート”を表現することをこれからも進化させ続けていきたいと思います。優秀賞をいただけたのは、日々、私の生活に「アートの活力」を与えてくれる周囲の友人・家族、そして日本ブリンク・アーティスト協会の方々、支えて下さる皆様のおかげです。感謝を忘れず、これからもどんどん「私らしい」「私の作品」を、しっかりとスタートラインに立ってから、毎回1点1点ゴールさせていきたいと思います。
投票して下さった皆様、本当にありがとうございました。

スポンサー特別賞「ほのぼの」

のんさん


ネット投票して下さった方、また、3月10日に会場に来て投票してくださった方、ありがとうございました。
毎回、コンクールに参加させていただいていますが、いつも皆さんの作品を見るたびにデザイン、創造力等、勉強になる事ばかりです。今回は初めてWEB投票が行われました。ネットで多くの方に見ていただける事も良いと思います。そして、更に、会場に来ていただいて実際の作品を見ていただけるとブリンク・アートのすばらしさがより良く感じていただけると思います。いつまでもブリンク・アートの輝きと関わっていきたいと思います。
ありがとうございました。

スポンサー特別賞「『秘密の花園』」

山﨑友華さん


3年連続で賞を頂けて嬉しく思います。
今回は新しくネット投票も加わって、沢山の方々に見て頂けて嬉しい反面、写真では伝わりきらない部分も沢山あったりと、複雑な気持ちもありました。でも賞を頂けた事は評価して頂けた事なので素直に喜びたいと思います。作品への想いは全て紹介文につまっているので是非読んでみて下さい。blogにもupしたいと思っています。
ネット投票して下さった方々、来場されて見にきて下さった方々、友達、本当にありがとうございました。

コンクールレポート


2012年、一雨ごとに春めいてくる3月初旬、第4回ブリンク・アート・コンクールが品川区立総合区民会館きゅりあん7階イベントホールABにて開催されました。ブリンク・アート・コンクールはキラキラを愛するすべての方が参加できるデコレーション業界注目のイベントとして、今年で4回目を迎えることとなりました。


会場には、後援いただいたちふれ化粧品のブースも設置されました。現在テレビCMをはじめ、ちふれ化粧品のイメージキャラクターを務めてくださっているのは雅姫さんと臼田あさ美さん。雅姫さんはデザイナー、作家、経営者、モデルなどあらゆる場面で才能を発揮されている方であり、臼田あさ美さんはファッション誌、映画、TVドラマなどで活躍する透明感のある女優の方です。「なりたいきれい、好きなだけ。」というキャッチコピーとともに、企業として常に女性の活動を応援し続けている株式会社ちふれ化粧品からは、無香料、無着色で高品質な化粧品を来場された皆さまへ無料で提供していただきました。

展示場には「癒(いやし)」をテーマとした作品と紹介パネルが展示されました。会場のスポットライトの明かりを浴びた瞬間、自然、動物、心、スイーツ、時間、空間、赤ちゃん、家族など各アーティストの想う癒しの世界が一気に広がり、光り輝くSWAROVSKI ELEMENTSの優雅さとハンドメイドのあたたかみによって会場全体が彩り溢れるすばらしい空間となりました。

12:00の開場と同時に、この日を楽しみにしていた多くの皆さまが来場されました。来場された方の中には「第1回ブリンク・アート・コンクール」から4年連続で足を運んで下さっている方や、遠方から泊まりがけで東京品川までお越し下さった方など、ブリンク・アートをこよなく愛して下さっている方の姿もありました。そして、丁寧に積み上げられたストーンの煌めきと色あざやかに彩られた作品をひとつひとつじっくりと鑑賞されていました。もちろん、作品に対する愛情あふれるアーティストの想いを紹介したパネルにも何度も目を通され、各出展作品に込められた様々なメッセージに思いを巡らせている様子でした。

また、1年に1度のこの機会に同じ趣味の仲間と楽しくブリンク・アートについて語り合うなど、講師の方、出展されたアーティストの方、ご来場いただいた方が、本当に充実した時間を過ごしていらっしゃいました。ご家族やご友人と会場に足を運んで下さった方も多く見受けられ、日常では経験することができないキラキラ光り輝くブリンク・アートの世界をとても楽しんでいらっしゃいました。

投票締め切りまでの間、デコレーション業界でお仕事をされている方から小さなお子様まで、ご来場いただいた全ての皆さまに、それぞれの観点ですばらしいと思う作品3点を選んでいただきました。投票については、ご自身の1票で各賞が決定するという事もあり、各アーティストの世界観を感じ取りながら、出展作品を何度も真剣に見直し、最後の最後までどの作品に投票すべきなのか迷われている様子でした。

16:30から始まった表彰式は、まず、日本ブリンク・アーティスト協会 会長 片岡方和よりご挨拶をさせていただきました。続きまして、本コンクールの後援であります株式会社ちふれ化粧品 取締役 加世田信行氏よりご挨拶をいただきました。

次に、出展されたアーティストの皆さま、投票していただいた皆さま、そしてデコレーション・ブリンクアートを愛する多くの皆さまが見守る中、各賞の発表を行い、受賞者がステージへと呼ばれました。日本ブリンク・アーティスト協会 会長 片岡方和より「最優秀賞」「優秀賞」を、株式会社ちふれ化粧品 取締役 加世田信行氏より「スポンサー特別賞」を各受賞者に授与いたしました。

最後に各受賞者の方から喜びの声をいただきました。
受賞者の皆さまの中には、ブリンクする時間をつくること、作品創りへのコンセプトを考えること、自分の想像しているイメージを形としてデザインすることなど、様々な苦悩と困難があった方もいるように見受けられました。そしてその苦悩と困難を乗り越え、この場に立てる喜びを実感されている様子でした。また、受賞された全ての方が、本コンクールへ出展するにあたり、理解と協力をしてくれたご家族やご友人に対して深いお礼の意を伝えるとともに、投票していただいた皆さまへ感謝の言葉を述べられていました。

受賞された皆さま、本当におめでとうございます。
また、第4回ブリンク・アート・コンクールが夢のあるすばらしいコンクールとして開催できましたのも、ご来場いただきました皆さま、WEB投票会場にて投票をしてくださいました皆さま、そして、作品を出展いただきましたアーティストの皆さまによるものであります。
ご参加くださいましたキラキラを愛する全ての方に心より厚く御礼申し上げます。
第5回ブリンク・アート・コンクールでも皆さまとお会いできることを楽しみにしています。ありがとうございました。

ご挨拶


日本ブリンク・アーティスト協会 会長 片岡方和

本日、関係者の皆様のご尽力で第4回ブリンク・アート・コンクールを開催するはこびとなりました。また、課題も第1回の「春」、第2回の「華」、第3回の「宙」から今回は「癒(いやし)」へと変化し、そのような中でブリンク・アートのレベルも益々高くなってきました。この間、株式会社ちふれ化粧品様には弊協会コンクールのスポンサーとしてご協力賜わり、また、ブリンク・アーティストの皆様には多くの作品を出展して頂き、主催者として心より感謝申し上げます。
今回のブリンク・アート・コンクールは先程申し上げたように癒(いやし)でありますが、春の光うららかな季節に、キラキラと輝くブリンク・アートの世界をゆっくりご鑑賞、ご堪能いただき、大いに気持ちが癒されたことと存じます。
日本ブリンク・アーティスト協会といたしましては、ブリンク・アートの発展のために今後ともブリンク・アート・コンクールの開催を続けて参る所存であります。
このようなコンクールがブリンク・アーティストの皆様の楽しみの場となり、また、コンクールの入賞を目指して努力・研鑽して頂きたく存じます。つきましては今後とも皆様のご指導・ご鞭撻をお願い申し上げます。
最後になりましたが、ご出席頂きました皆様とブリンク・アーティストの皆様のご健勝とご活躍を祈念いたします。


株式会社ちふれ化粧品 取締役 加世田信行

本コンクールは、今回で4回目ということになりますが、本日のブリンク・アートの作品を見るにつけ、第1回より参加させて頂いている私といたしましては大変な進歩で、もう既に日本独自の芸術品の域に達したと感心しきりであります。
私どもは、化粧品会社として戦後に創業し、昭和43年には今の社名、すなわち「ちふれ化粧品」となりました。
創業社長の島田松雄が、消費者の為の化粧品を志向し、その後、現名誉会長の島田雄二のリーダーシップのもと「品質のちふれ」「環境のちふれ」を標榜して参りましたが、これらに加えて、今日では女性を応援する企業としても努力して参りたいと思っています。
化粧品は主として女性のたしなみとしてとても重要でありますが、ブリンク・アートも同じく女性にとって好まれ、特にそのキラキラとした輝きの中に日本人女性としての繊細さが生きているように見えます。
私のような素人でも、ここに出展された作品の優雅さ、華やかさ、そして日本人であればこその独創性は、魅了されるところが大変ございます。私どもとしましては、後援者冥利につきるとともに、日本ブリンク・アーティスト協会およびその関係者のブリンク・アート発展に対する努力に頭が下がる思いです。
最後になりましたが、日本ブリンク・アーティスト協会の益々のご発展と、ここにお集まりの皆様のご健康とご活躍を祈念いたします。


ご来場いただいた皆さまの声


ブリンク・アート・スクール

ブリンク・アーティストの可能性とは…

デコレーションアイテム購入


PAGE TOP↑